“紅梅焼”の読み方と例文
読み方割合
こうばいやき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
つまらない、せばいいのにと思った。気の毒だと思った。それでも清は可愛がる。折々は自分の小遣いで金鍔紅梅焼を買ってくれる。
坊っちゃん (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
紅梅焼と思うのが、ちらちらと、もみじの散るようで、通りかかった誰かの鹿黄金平打に、白露がかかる景気の——その紅梅焼の店の前へ、おの帰りみち、通りがかりに
菊あわせ (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
雷おこしや紅梅焼の大きな包が出来ました。
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)