“寒紅梅”の読み方と例文
読み方割合
かんこうばい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
違棚の高岡塗は沈んだ小豆色古木の幹を青く盛り上げて、寒紅梅の数点を螺鈿擬り出した。裏は黒地にが一羽飛んでいる。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
がしかし、南隅の寒紅梅一枝、月む夜を待つもののように、やはり何処か下萌の季節らしく、寒いうちにも春意を含んでふくらんでおります。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
せがたで、抜けるほど白い襟足が、寒紅梅につもった雪を連想させる。
春の雁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)