“紅梅町”の読み方と例文
読み方割合
こうばいちやう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
駿河臺紅梅町にそのほる明治功臣竹村子爵との尊稱千軍万馬のうちにみし、つぼみのけるにや、次男とて才識らびはる美少年
たま襻 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)