たま襻たまだすき
をかしかるべき世を空蝉のと捨て物にして今歳十九年、天のなせる麗質、をしや埋木の春またぬ身に、青柳いと子と名のみ聞ても姿しのばるゝ優しの人品、それも其筈昔しをくれば系圖の卷のこと長けれど、徳川の流れ末つかた波まだ立たぬ江戸時代に、御用お側お取 …
作品に特徴的な語句
おぼ 背負せおを がも ぜか がり あひ おもか かげ やを そち 何故なにゆ ゑん おもひもの しやう ひま こゝ そなた たは たまひ 眞實まめやか 莞爾にこやか たき しう 逍遙そゞろあるき 眞實まめ おぼゆ とめ ちやう かへ 彷徨さまよひ 何方いづく 老爺ぢい なき まよ 一寸ちよつ かほ うさ あげ さく うま あわたゞ 心情こゝろだて 住家すまゐ むかし 腹立はらたゝ こゝろ せがれ 退しさ おほ どほ 何方いづれ こと 起居きゝよ かう ちう しゆう きやう さだめ きは さし 一方いつはう 威勢めをひ うへ をは 愛敬けいあい よそ 六歳ろくさい いづ よろつ うつ はゝ きゝ まへ とら 單衣ゆかた 十分じふゞん はぢ はづ さへ いだ それ