“六歳”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
むっつ31.8%
むつつ22.7%
むつ18.2%
むとせ9.1%
むッつ9.1%
ろくさい4.5%
むツつ2.3%
むつゝ2.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すこし大人しくなったかと思うと、六歳の乙若は歩きながら居眠っていた。それをまして促すと、もう歩くのは嫌だと云う。何としても
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ルウヴルの美術館でリユブラン夫人のいた自画像の前に立つても抱いて居る娘が、自分の六歳になる娘の七瀬に似て居るので思はず目がむ。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
二本榎に朝夕の烟も細き一かまどあり、主人は八百屋にして、かつぎうりをとす、そが妻との間に三五ばかりなる娘ひとりと、六歳になりたる小児とあり
鬼心非鬼心:(実聞) (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
詳しく申せば長い物語で、それももう六歳ほど昔のことでござりまするが、そもそもの事の起こりは、あの美男相撲と評判の江戸錦様がもとでござります。
膝にって六歳ばかりの男の子が、指をえながら往来をきょろきょろとめる背後に、母親のそのれかかって、四歳ぐらいなのがもう一人。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
近所には、六歳かにで、恐怖つて、八疊二間を、ともはずともはず、くる/\駈𢌞つてまらないのがあるといた。
間引菜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
六歳か……吾家子供は、袴着祝日今日賓客んで、八百膳料理御馳走したが、ヤアれが忌嫌だの忌嫌だのと、我意ばかりふのに、六歳でありながら親孝行
六歳ぐらゐの時やつたなア、死んだおばんの先に立つて、あのお多福人形の前まで走つて来ると、堅いものにガチンとどたま(頭の事)打付けて、痛いの痛うなかつたのて。
鱧の皮 (新字旧仮名) / 上司小剣(著)