“むとせ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
六年50.0%
六歳50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この六年むとせの歴史はわが受けし精神上教育の歴史なり。
六年むとせほど日毎日毎ひごとひごとにかぶりたる
一握の砂 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
おもへば、はや六歳むとせのむかしとなりぬ、われ身にわづらひありて、しばらく此地にかくたりき。
清見寺の鐘声 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
雪山に六歳むとせし身の如何いかにして
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)