一握の砂いちあくのすな
函館なる郁雨宮崎大四郎君 同国の友文学士花明金田一京助君 この集を両君に捧ぐ。予はすでに予のすべてを両君の前に示しつくしたるものの如し。従つて両君はここに歌はれたる歌の一一につきて最も多く知るの人なるを信ずればなり。 また一本をとりて亡児真 …
作品に特徴的な語句
かを 孩児をさなご せち ちやう きよ ぼそ おど じろ 酔漢ゑひどれ 漂泊へうはく をさ しよ もん 告別こくべつ 退しりぞ ほそ まみ さう しほ かは おほ うも あつ 何処いづく いん 商人あきびと こほ 一握いちあく りよう ほほ 遠方ゑんぱう あば みづか 耳朶みみたぼ 真直ますぐ なほ 玉手たまで なれ 打出うちい あは じやう 思出おもひで たひら 尋常じんじやう いへ くれ 四方しはう 囚人しうじん あぢ には 三方さんぱう 侏儒しゆじゆ 上手じやうず あふ 何処いづこ つれ 総領そうりやう あぢは 露台バルコン きよう 斥候せきこう しろ てき なに かぞ うづ 草稿さうかう 三日みか そん かはづ 持薬ぢやく おのれ づくり 小人せうじん 小児せうに おこ 少年せうねん