“むつ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ムツ
語句割合
36.6%
酉刻15.0%
14.8%
陸奥9.0%
卯刻6.5%
襁褓3.0%
2.3%
六刻2.0%
六歳2.0%
勃然1.5%
六個0.8%
0.8%
0.8%
0.5%
六箇0.5%
0.5%
憤然0.5%
艴然0.5%
0.3%
0.3%
七時0.3%
亥刻0.3%
六才0.3%
六時0.3%
存外六0.3%
寅刻0.3%
沸然0.3%
0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
誰しもこれらの動物を眺めているうちに、ふしぎと調和されてくる総ての動物的な、珍らしいまじさ親密さをかんじるのであった。
或る少女の死まで (新字新仮名) / 室生犀星(著)
と下女が二度目に使いに参り、帰った時にポーンと酉刻が鳴ります、朝飯夕六時でございます。是からお化粧に取り掛ります。
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
鈴木が言ふには、洋食といふものはあれで本式にするとヶしい作法がある。媒妁人媒妁人だから、下手なことをすると笑はれる。
出発 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
文字がよく示しますように、日本の一番奥のはては陸奥の国であります。県庁は青森市に在りますが、津軽氏の居城は弘前でありました。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
平次は、八五郎だけを殘して歸りましたが、翌る朝卯刻(六時)過ぎ、八五郎の『大變』が明神下の平次の家へ飛び込んだのです。
さア、お腹は空いてくるわ、なんぼ泣いてもほっとかれるわ。お襁褓もかえてくれんわ。んだりったりや。
アド・バルーン (新字新仮名) / 織田作之助(著)
此方へお出でなはツとくれやす。』と女は、かしい字の書いてある唐紙を開けて、二人を次ぎの十疊へふた。
東光院 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
下城帰宅したのが暮れ六刻、一風呂浴びて夕食、いまその食事が下げられて、奥をはじめ子供達は部屋へはいり、家臣は早く戸締りを見て、これも下へ引きとって間もなくではないか。
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)
私は五歳六歳の頃から、三日に一度か四日に一度、必ず母に呍吩かつて、叔父の家に行つたものである。
刑余の叔父 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
(三左衞門頑として應ぜず。外記はいよ/\勃然として、床にかざりし鎧櫃より一領の卯花縅の鎧を取り出して來る。)
箕輪の心中 (旧字旧仮名) / 岡本綺堂(著)
だん/\進んで行くと、突当りの木槿垣の下に、山の端はなれた許りの大満月位な、シツポリと露を帯びた雪白の玉菜が、六個七個並んで居た。
葬列 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
何者にか聞れし一向蹤跡なき事なり拙者毛頭左樣の事存じ申さずと虚嘯にも不束なる挨拶なるにぞ六郎右衞門はとし彼奴多分の金子を掘り出しながらの配分を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
の子のようなかたちの紫雲が、ひとつたなびいていたが、あとで考えあわせると、有難そうなのは見せかけだけで、それは妖雲といったたぐいのものだったらしい。
我が家の楽園 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
その発見によると、成金は馬よりか二本が少いだけの事なので、馬はとして上西氏を鞍から揺り落した。
かくて六箇の車輪はあたかも同一の軸にありて転ずるごとく、両々相並びて福岡というに着けり。
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「幾ら出せばいんです。」小橋氏はとして牡鶏のやうなきい/\した声で怒鳴つた。
相手は会釈一つしないのでKは少し艴然とした。
「どうもねえ、柄の悪いやつを相手にすると、話がかしいものだからね。」
瘢痕 (新字旧仮名) / 平出修(著)
「それだから話がかしかつたんです。何でもこの行き方ですからなあ。」
瘢痕 (新字旧仮名) / 平出修(著)
ちらとそれをきいてとしました。
ちるちる・みちる (旧字旧仮名) / 山村暮鳥(著)
すこしとした百姓
ちるちる・みちる (旧字旧仮名) / 山村暮鳥(著)
天保十一年十二月十七日朝の七時さがり、長崎船の八幡丸は、この奇妙な死体の横たわっている岸を離れて、貝の音も勇ましく、すばらしいぎの海へと船出して行った。
お美津簪 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
御自分でなさいますよ、——今朝、亥刻少し過ぎ、雨戸を
続いて黄金丸も垣を越え、家の中を走り抜けんとせし時。六才ばかりなる稚児の、余念なく遊びゐたるを、過失て蹴倒せば、と泣き叫ぶ。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
千住製絨所紡績会社かの汽笛がはるかに聞えて、上野の明け六時の鐘もち始めた。
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
新しい目で自然を見るという事は存外六かしい事である。吾人は生れ落ちて以来馴れ切っている周囲に対して、ちゃんと定まった、しかもめて便宜的な型や公式ばかりをめている。
相生家の小者が多勢たかって、漸く鐘を引き倒したのは、かれこれ寅刻近くなってからでした。
自分が一てが有相て、自分れるとまじ笑語くものゝしいからつてた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)