“媒妁人”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
なこうど56.3%
ばいしゃくにん21.9%
なかうど12.5%
ばいしやくにん6.3%
マッチ・メエカア3.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
若様にはお覚違いでござります。彼等夥間に結納と申すは、親々が縁を結び、媒妁人の手をもち、婚約の祝儀、目録を贈りますでござります。
海神別荘 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
一昨日の晩始めて御牧と云う人物にい、又昨夜の会で、この縁談の媒妁人を買って出ている国嶋夫妻等に紹介され、それらの人々の人柄や
細雪:03 下巻 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
鈴木が言ふには、洋食といふものはあれで本式にするとヶしい作法がある。媒妁人媒妁人だから、下手なことをすると笑はれる。
出発 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
媒妁人んでいだであつた。おもなくんだ。それがおつぎであつた。季節つたしいであつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
一たい巴里人なんかでも、一般に想定されてるとは正反対に、極く伝習的な、着実な人間なんだが、それが地方へ出ると一層古めかしくて、ふらんすの田舎では、いまだに半職業的な媒妁人
踊る地平線:11 白い謝肉祭 (新字新仮名) / 谷譲次(著)