出発しゅっぱつ
時計屋へ直しに遣つてあつた八角形の柱時計が復た部屋の柱の上に掛つて、元のやうに音がし出した。その柱だけにも六年も掛つて居る時計だ。三年前に叔母さんが産後の出血で急に亡くなつたのも、その時計の下だ。 姉のお節は外出した時で、妹のお栄は箒を手に …
作品に特徴的な語句
ひつくりかへ すゞ 微笑ゑみ たゞち おつしや ちやう しまひ せい 戦慄みぶるひ 取附とツつ つぶ あんよ 老爺おぢい えい 祖父おぢい 姉妹きようだい 奈何どん あと 斯様かう つか 慰撫なぐさ きつ 心地こゝろもち とこ さす 巡査おまはり ゆは 矢張やつぱり 真実ほんたう 父親おやぢ 外出よそゆき をか こしら 香気にほひ がた 年長うへ 頬辺ほつぺた 衝突つきあた しを かゝ 老婆おばあ 中流まんなか 突伏つツぷ かたづ 可恐こは 眼前めのまへ あひ 彼様あゝ 強壮ぢやうぶ 掻合かきあは かは 年少した 左様さう 嬰児あかんぼ 櫛笄くしかうがい 燈明とうみやう 奈様どん 奈何どう みん ぐらゐ 回復とりかへ 何方どつち 余程よつぽど 蹲踞しやが 翌日あす せん 到底とても 被入いらし 串談じやうだん 臭気にほひ 花瓶くわびん 我儘わがまゝ をひ 頑是ぐわんぜ 鈴木すゞき 手拭てぬぐひ 金盥かなだらひ さへぎ 手摺てず からだ 手洗てうづ 打伏うつぶし 起上たちあが 打合うちあはせ にぎや 評定ひやうぢやう あはせ はさ 草履ざうり 真鍮しんちゆう
題名が同じ作品
出発 (新字旧仮名)牧野信一 (著)
出発 (新字旧仮名)原民喜 (著)