“余程”のいろいろな読み方と例文
旧字:餘程
読み方割合
よほど52.3%
よっぽど28.5%
よつぽど13.8%
よッぽど1.5%
えつと0.8%
ようぽど0.8%
よつぽと0.8%
よッほど0.8%
よツぽど0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
豚は語学も余程進んでいたのだし、又実際豚の舌はらかで素質も充分あったのでごく流暢な人間語で、しずかに校長に挨拶した。
フランドン農学校の豚 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
「助の顔色がどうも可くないね。いったい病身な児だから余程気をつけないと不可ませんよ」と云いつつ今度は自分の方を向いて
酒中日記 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
それに余程の気紛れでね。稼ぎ出すと鼻唄をやり乍ら滅法稼いでるが、怠け出したら一日主婦に怒鳴られ通しでも平気なもんだ。
菊池君 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
此分だと、余程何か変った事が、例えば、火事とか大地震とかがあって、人心の常軌を逸する場合でないと、隔ての関を破って接近されなくなりそうだ。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
「此処から歩いて戻つたら、余程掛るべえかね?」
椋のミハイロ (新字旧仮名) / ボレスワフ・プルス(著)
『あ、陸奥ですか。あれには僕も一度乗ツた事がある。余程以前たが………………………』
漂泊 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
俺にも余程天理教の有難え事が解つて来た様だな。耶蘇は西洋、仏様は天竺、渡来物だが、天理様は日本で出来た神様だなツす?
赤痢 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
しかし彼時親類共の態度余程妙だった。「何だ、馬鹿! お先真暗で夢中に騒ぐ!」と、こうだ。
『はゝゝゝゝ。』と銀之助は笑出して、『馬鹿なことを言ひたまへ。瀬川君も余程奈何かして居るんだ。』
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)