四日間よっかかん
忘れもせぬ、其時味方は森の中を走るのであった。シュッシュッという弾丸の中を落来る小枝をかなぐりかなぐり、山査子の株を縫うように進むのであったが、弾丸は段々烈しくなって、森の前方に何やら赤いものが隠現見 …
作品に特徴的な語句
幾個いくつ すし 掃溜はきだめ 年寄としと 小舎こや 千々ちぢ かがり 声高こえだか あくた 舎利しゃり 蒼味あおみ ひッそ 痕迹あとかた 臓腑ぞうふ 寝惚ねぼけ 処々ところどころ 死人しびと 片肘かたひじ はぜ 縦横たてよこ 乗出のりだ 好加減いいかげん 無気味ぶきび とど 一朝ひとあさ 薩張さっぱり 何奴なにやつ 一伍一什いちぶしじゅう 蒼褪あおざ 無益むだ 小草おぐさ うすもの いよいよ あせ 半眼はんがん 頬桁ほおげた 逸物いちもつ 餓死うえじに 生茂はえしげ 背嚢はいのう 踏込ふんごん 一思ひとおもい 刺々とげとげ がい 叫声わめきごえ ぷん 蓊鬱こんもり 匇々さっさ 鯨波ときのこえ 弥々いよいよ 這出はいだ 大声たいせい 死期しご 薄明うすあかり 利益たし 捻向ねじむ 生若なまわか 置去おきざり 一撃ひとうち のろ 其様そん 何国どこ 日光ひのめ 明放あけばな 虎狼ころう 口中こうちゅう 枯草かれぐさ 此様こん 尤物わざもの 近処あたり かつ 疎髯まばらひげ 連中れんじゅう 叢立むらだち 四下そこら 葉摺はずれ 横臥ねころん 一滴ひとしずく 片々かたかた 彼様あん なまじ 這込はいこん 血塗ちみどろ 引挘ひきむし かたみ 羽毛はね 万一ひょっと 出端ではずれ 仕込しこみ 唸声うなりごえ 埴生はにゅう 寝所ふしど 黒髯くろひげ 低地ひくち 出汐でしお 嗄声しゃがれごえ 地体じたい 火炙ひあぶり 矗々すっく 飛来とびく