四日間よっかかん
忘れもせぬ、其時味方は森の中を走るのであった。シュッシュッという弾丸の中を落来る小枝をかなぐりかなぐり、山査子の株を縫うように進むのであったが、弾丸は段々烈しくなって、森の前方に何やら赤いものが隠現見える。第一中隊のシードロフという未だ生若 …
作品に特徴的な語句
なン もっ 可愛かわゆい ちッ もッ 背負せおわ いたん びく よか おっ おッそ 一寸ちょッと 顛倒ひッくりかえ めげ あろ づき あだか いとお ほっ すぐ 佇立たちどまっ かみ まし うごき 寂然じっ 愉快こころよき 朦朧もやもや 此方こッち あだ はき こらえ とき こッ かざ 余程よッほど なじ 間断しッきり 矢張やッぱり 日光ひのめ 如何どん 偶然ひょっと 光景ようす うめ 出端ではずれ ちら づき 尤物わざもの はらわた さかしま 背高のッぽう 平生つね おか かお 態度そぶり 利益たし いささか 迸出ほとばしりで 踏込ふんごん 匇々さっさ 此方このほう なら 狼狽うろたえ かつ くら じゃく 顕然ありあり 矗々すっく ちっ まだ 横臥ねころん 水腫みずばれ 叫声わめきごえ 如何どう 声高こえだか あれ 隠現ちらちら わた ほえ むき がい ねむ あせ まわ はず 到底とて 腫脹むくみ ぐらい 余程よッぽど ふれ しれ