“朦朧”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
もうろう93.8%
ぼんやり2.3%
まうろう1.2%
おぼろ0.9%
おぼろげ0.3%
もうらう0.3%
どんより0.3%
ぼいやり0.3%
ぼけ0.3%
もやもや0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
朦朧と見えなくなって、国中、町中にただ一条、その桃の古小路ばかりが、漫々として波の蒼海に、船脚をいたように見える。
絵本の春 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
世話になった昔の人に、心細く附き添うさき影を、わぬ五年をと隔てて、再びうたばかりの朦朧した間柄と云い切ってしまった。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
今夜は満願とてかの橋にもいたり殊更につとめて回向をなし鉦うちならして念仏しけるに、皎々たる月遽然りて朦朧たり。
わが汝より聞ける事の我心にとゞむる痕跡いとあざやかなるをもてレーテもこれを消しまたは朦朧ならしむるあたはず 一〇六—一〇八
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
朦朧ながらあの小諸の向町に居た頃のことを思出した。移住する前に死んだ母親のことなぞを思出した。『我は穢多なり』——あゝ、どんなに是一句が丑松の若い心を掻乱したらう。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
本艦じて手始には八速射砲つゞいて打出機關砲たり、月下海上砲火り、硝煙朦朧立昇光景は、がたりのタラント夜戰もかくやとはるゝばかり。
智慧の深そうな目の御色も時によると朦朧潤みをって、疲れ沈んで、物を凝視る力も無いという風に変ることが有ました。私は又た旦那様のから美しく白く並んだ御歯が脱出るのを見かけました。
旧主人 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
花嫁の心もまず少しは落ちつきて、初々しさ恥ずかしさの狭霧朦朧とせしあたりのようすもようよう目にたるるようになりぬ。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
木洩が一筋射している。それが刀身を照らしている。そこだけがカッと燃えている。がその他は朦朧ている。引き添って背後に坐っているのは、女馬子姿の君江である。
神秘昆虫館 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)