“どんより”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
曇然25.0%
朦朧25.0%
鈍如25.0%
鈍然25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
何か知ら始終不平を持つてゐる女で、其狹い額を見ても、曇然どんよりした目のうちを見ても、何處か一癖ありさうな顏構つらがまへである。
絶望 (旧字旧仮名) / 徳田秋声(著)
智慧ちえの深そうな目の御色も時によると朦朧どんより潤みをって、疲れ沈んで、物を凝視みつめる力も無いという風に変ることが有ました。
旧主人 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
土の如く鈍如どんよりした農の顔を見れば、限りなく蹂躙じゅうりんしてよいかの如く誰も思うであろう。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
の目、鷹の目、掏摸すりの眼、新聞記者の眼、其様そんな眼から見たら、鈍如どんよりした田舎者の眼は、さぞ馬鹿らしく見えることであろう。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
板の間には、竹屑たけくずが白く散って、鈍然どんよりとした小刀の光りが灰色の光線のうちに眠っていた。
凍える女 (新字新仮名) / 小川未明(著)