“鵜”の読み方と例文
読み方割合
100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それはであった。長いの上の方の黄ろい古怪な形をした水禽は、境内の左側になった池にでも棲んでいるのか人に恐れなかった。
春心 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
背嚢から乾麺麭の包みを取りだすと、の中でこなごなにくだき、たいへん熟練したやりかたでといっしょに飲みにしてしまう。
キャラコさん:04 女の手 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
の眼の眼で再び函の中を調べ始めたのであったが、ちょうど木乃伊の足許に当る部分あたりから、さまざまのものが現れ始めた。
ウニデス潮流の彼方 (新字新仮名) / 橘外男(著)