春心しゅんしん
広巳は品川の方からふらふらと歩いて来た。東海道になったその街には晩春の微陽が射していた。それは午近い比であった。右側の民家の背景になった丘の上から、左側の品川の海へかけて煙のような靄が和んでいて、生暖かな物悩ましい日であった。左側の川崎屋の …
作品に特徴的な語句
はか おっ おまえ 微笑うすわら 紛糾もつれ 行為しうち くら ぎれ 平生つねひごろ だま 他人ひとさま ただ すご さき 高粱きび きさま てめえ うす 妖怪まもの いみ など じょろ くっ ばあ こぼ そら たた ちら わっし づれ うららか へた 沙河シャーホー 細君おかみ 態度そぶり あま おいら あにき 細君にょうぼう おさま 衣裳きもの 起臥ねおき 外出よそゆき 天人てんびと かぶり 疲労くたびれ たす 中央なかほど さま 一度いっぺん っか なまめ すのこ 退さが 何人たれ じぶん 禿 つれ 乃公おいら 瓶子とくり 争闘けんか 虫蝕むしばみ 口端くちさき こども 洋刀サーベル うずく しぼり きい あか 品行みもち ろじ 平仄しろくろ さま へり 茶室ちゃのま 素行みもち 亀鑑てほん しっ へっつい つる いかり かず 食卓ちゃぶだい 夫人おくさま 忍耐しんぼう ひるが 蒲鉾かまばこ ごろ しな 知己しりあい