春心しゅんしん
広巳は品川の方からふらふらと歩いて来た。東海道になったその街には晩春の微陽が射していた。それは午近い比であった。右側の民家の背景になった丘の上から、左側の品川の海へかけて煙のような靄が和んでいて、生暖 …
作品に特徴的な語句
薩摩さつま 離屋はなれ 長火鉢ながひばち 面長おもなが 凄味すごみ 錦絵にしきえ 短冊たんざく 胡麻塩ごましお 袖口そでぐち 混沌こんとん なだ 雑魚ざこ 唐草からくさ 胡座あぐら 海苔のり 鬼魅きみ 堅気かたぎ 大尽だいじん 灰汁あく 草双紙くさぞうし 蒲鉾かまばこ さん 硯箱すずりばこ 貴郎あなた きれい 片頬かたほお 円髷まるまげ 生一本きいっぽん 神酒みき 丁子ちょうじ 双子ふたご 火屋ほや 庭前にわさき 紊乱びんらん 起臥ねおき 河豚ふぐ ひさし 蒼黒あおぐろ 座頭ざとう 上框あがりかまち はやぶさ こわ 佃煮つくだに 矢絣やがすり 蒼茫そうぼう 性分しょうぶん 鮟鱇あんこう 好奇ものずき 物干竿ものほしざお あか 午睡ひるね 一団ひとかたまり 盃洗はいせん ぶた 丹前たんぜん 妓楼じょろや 華美はで 刀架かたなかけ 工廠こうしょう 我家うち 一跨ひとまた 義侠心ぎきょうしん 半鐘はんしょう 嫩葉わかば 唐金からかね すのこ 三宝さんぽう 亀鑑てほん 内裏雛だいりびな 半眼はんがん 袷羽織あわせばおり 微白ほのじろ 注連縄しめなわ 方向むき 一処ひとところ 壮佼わかいしゅ 微暗うすぐら 鑵詰かんづめ 当然あたりまえ 柔毛にこげ 瓶子とくり 経書けいしょ ひら 一札いっさつ 俳優やくしゃ 岡持おかもち だん 鯨波とき 食卓ちゃぶだい 不具者かたわ 腹掛はらがけ まさき 金鵄きんし 引掴ひっつか 秘密ないしょ 附近まわり 姦通まおとこ 居室いま 戦死うちじに へっつい