“鶲”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひたき90.0%
ヒンコチ10.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
路の辺に紅の玉をつけた梅もどきの枝に尾を動かしているひたきは、私の近寄るのも知らぬげに寒さにふるえている。
茸をたずねる (新字新仮名) / 飯田蛇笏(著)
玉蘭はくれんの花咲きてよりる鳥の尾長・うそひたき・雀みなあはれ
黒檜 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
ひたき鷦鷯さざいなどが、山から里へおとづれて来るには、頭を円めた遁世者のやうに、どんな時でも道連のない一人旅ときまつてゐるが、それとは打つて変つて鶺鴒は多くの場合公園の散歩客のやうに夫婦づれだ。
独楽園 (新字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
これはこれ 黄金こがねひたき ……ふと歌ひ
山果集 (旧字旧仮名) / 三好達治(著)
法子兒ほうしごひたき、——ひとくさるさに、
白羊宮 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫薄田淳介(著)
・藪かげあたゝかなヒンコチの啼きよる
其中日記:07 (七) (新字旧仮名) / 種田山頭火(著)