独楽園どくらくえん
この書をわが老母と妻に 読書にも倦きたので、庭におりて日向ぼつこをする。 二月の太陽は、健康な若人のやうに晴やかに笑つてゐる。そのきらきらする光を両肩から背一杯にうけてゐると、身体中が日向臭く膨らんで、とろとろと居睡でもしたいやうな気持にな …
作品に特徴的な語句
めざ 表面うはつら つひば はづ なか しや 鷦鷯せうれう 化粧めかし らう 泥土つちひぢ かうのとり 日光ひのひかり 鋸屑をがくづ ひま ふさ だら ねぢ とど 阿父おやぢ 鷦鷯さざい つぶ 火焔ほのほ 茯苓ぶくりやう つれ 表情かほつき 昵懇じつこん 抵抗てむかひ かたくな まばら げう 片目めつかち 大頭おほあたま こまや かく 温石おんじやく ぬる 幽邃いうすい 水量みづかさ 気忙きぜは こは さは 辛抱がまん 竈馬かまどうま 匕首あひくち 禅定ぜんぢやう いた をは 生身いきみ 琅玕らうかん 王戎わうじゆう きれ ほて 濁酒にごりざけ 鼹鼠もぐらもち 沈静おちつき 毛毬いが ゑんじゆ ずわえ 余裕ゆとり しゆん 佝僂くる 侮蔑さげすみ くす 阿母おふくろ 鉄砧かなとこ さはら 強者つはもの はや 徒渉かちわた 御感ぎよかん しん おも たち 削屑けづりくづ 合薬あひぐすり 羽含はぐく 飛沫しぶき 鉦叩かねたたき もず 閑人ひまじん 箕山きざん にが このしろ 花盞はなざら 羯皷かつこ 青柚あをゆず 鮑照はうせう 背馳はいち 背後うしろ あぶら 一塊ひとかたまり