“毛毬”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
けまり66.7%
いが33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“毛毬”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
金銀の瓔珞ようらく、七宝の胸かい、けしの花のような軽い輿。輿を乗せた小さい白象は虹でかがられた毛毬けまりのように輝いて居た。輿は象の歩るくびにうつらうつらと揺れた。
百喩経 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
ジュジュには日本の毛毬けまりが当った。
母子叙情 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
彼はまた毛毬いがのない栗の新種をも生み出すことに成功したが、それも小鳥のために食べられがちなので、たうとうその仕事を思ひ止まらなければならなくなつたといふことだ。
独楽園 (新字旧仮名) / 薄田泣菫(著)