“いが”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:イガ
語句割合
50.9%
21.6%
伊賀13.8%
1.7%
毬彙1.7%
渭河0.9%
不正0.9%
0.9%
栗毬0.9%
0.9%
0.9%
毛毬0.9%
毬殻0.9%
0.9%
爭論0.9%
鋳替0.9%
0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
このネオン横丁で、毎日のようにみ合っているのは、うちの人と女坂の旦那なんです。いつだかも、脅迫状なんかよこしましてね
ネオン横丁殺人事件 (新字新仮名) / 海野十三(著)
子ガニに加勢をしたのは、臼と、トチの実と、ベゴの糞と、クリのであった。それらがサルの家にいって待伏せしていた。
東奥異聞 (新字新仮名) / 佐々木喜善(著)
この菊池半助も、前身は伊賀野武士であったが、わけあって徳川家に見いだされ、いまでは忍術組組頭をつとめている。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
中腰になつてお夏を睨めた繁は、何と思つたか、犬に襲はれた猫のする様に、唇を尖らして一声『フウー』とんだ。多分平生自分の家として居る場所を、他人に占領された憤怒を洩したのであらう。
葬列 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
栗の毬彙がはじけて、樺色の実が路の上に落ちている処もありました。
死人の手 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
観主観主院司もおらんか。勅使は早や渭河の河口へお着きになるぞ。なぜ出迎えん。一山の用意はりなかろうな」——と。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
渭河のお船には、李俊、張順の二名に、手下三百名をつけて、お帰りの日まで、守らせておいてありますから」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そんな不正んだ金は番頭さんが取上げるさかい、キリキリここへ出せ出せ。
心の鬼 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
苧だまきを栗のたれはなむすび日はへぬれども止まぬ雨かも
長塚節歌集:1 上 (旧字旧仮名) / 長塚節(著)
塩原へ行く道を通っただけの記憶でも、那須は栗の沢山あるところだと思いました。小さな、一尺二、三寸の木ので、ほんの芽えなのに青い栗毬をつけていたことを思い出します。
平塚明子(らいてう) (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
それはに寄りかかる癖があるからで、それでまた左の肩を別段にそびやかして歩み、体格が総じてんで見える。のあたりを格別にげるのは、刈り入れの時、体躯のすわる身がまえの癖である。
糸くず (新字新仮名) / ギ・ド・モーパッサン(著)
栗のが又、大きく口をく頃に成りますと、毎朝私達は裏の方へ馳附けて行つたものです。そして風に落された栗を拾はうとして、樹の下を探し𢌞つたものです。
彼はまた毛毬のない栗の新種をも生み出すことに成功したが、それも小鳥のために食べられがちなので、たうとうその仕事を思ひ止まらなければならなくなつたといふことだ。
独楽園 (新字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
山の名を知ったのは小学校の何級であったか忘れたが、何でも暗射地図で甲州の北境に栗の毬殻に似た大きな山の符号があって、それが金峰山だと教えられたのが最初である。
金峰山 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
矢張同一いたにもたのにもはない、旧道此方相違はないから心遣りにもにもならず、よりとした図面といふて、いてある引張つてあるばかり。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
復活祭前新調胴衣たとうて、裁縫師ひ、しいけをったとうて、誰某とも爭論うた。それでゐて鬪爭をすまいぞと異見めいたことを被言ゃるのか?
「八年まえ、庚辰年の九月三日のことでした、ええ」と与平は語った、「その年の六月に新しく銀が鋳替えになって、銭相場の上り下りがひどく、私の店などもかなり大きな損をしたものですが、 ...
さぶ (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
顔をればみ合う事にしていた母子ゆえ、折合が付いてみれば、も無く、文三の影口も今は道尽す、——家内が何時からと無く湿ッて来た。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)