さぶ
小雨が靄のようにけぶる夕方、両国橋を西から東へ、さぶが泣きながら渡っていた。 双子縞の着物に、小倉の細い角帯、色の褪せた黒の前掛をしめ、頭から濡れていた。雨と涙とでぐしょぐしょになった顔を、ときどき手の甲でこするため、眼のまわりや頬が黒く斑 …
作品に特徴的な語句
つえ げん つれ しょ くせ しも わけ きれ まとい はな つか 大鋸おおのこ とど 頭突ずづ いち ろく きれ どき 本間ほんげん こく あが せい いら だな いじ やっこ 水洟みずはな さお そそのか らく けん くう あい 梁木はり たい ぱら しゅ 千筋せんすじ はぎ ひさし たな たい まとま 薪炭まきすみ 藁繩わらなわ 蚊遣かや 紙漉かみす 地形じぎょう よつ せい 嘲笑ちょうしょう 米搗こめつ 襖紙ふすまがみ かど 竿ざお なまり つか うな しな しゃが こす もん ぐつわ さらし 退 半間はんげん 有難ありがて とき ひしめ みぞ 牢問ろうど 河岸がし だる 鳶頭とびがしら がまち かみ かめ 無役むやく 木遣きや かくま きん 金屑きんくず 酒肴さけさかな つぶ 炭団たどん くく 紅絹もみ にじ ただ