糸くずいとくず
市が立つ日であった。近在近郷の百姓は四方からゴーデルヴィルの町へと集まって来た。一歩ごとに体躯を前に傾けて男はのそのそと歩む、その長い脚はかねての遅鈍な、骨の折れる百姓仕事のためにねじれて形をなしていない。それは鋤に寄りかかる癖があるからで …
作品に特徴的な語句
かや かが もど いが ぱし 旅宿りょしゅく 褐色とびいろ しい かお すね すみ おと 上気のぼせ 元来もと 嘘偽うそいつわり 安価やすね 手籠てかご 鞭打しば ぐし 今朝こんちょう 体躯からだ しお 嘲笑ちょうしょう やぶ 市場しじょう 彼奴きゃつ 憤怒ふんど ちぢ よう だま あたた 猜忌さいぎ なま 相和あいか なじ おど きびす 身躰しんたい 雛鶏ひよっこ たけ 上衣うわぎ うち 中食ちゅうじき しま 二人ふたり 二重ふたえ 今日こんにち 今朝けさ 令丁よびこ 伍長ごちょう てい 凱歌がいか 古狸ふるだぬき かな ども 呼吸いき 哄然こうぜん つば うそ 嘲弄ちょうろう 団子だんご 垣根かきね ちり つぼ やつ うち 家禽かきん 家鴨あひる 小股こまた しり いち すわ うまや あと おこ おそ 手前てめえ ひろ すえ さかずき 火鉢ひばち あぶ 熱閙ねっとう 牝牛めうし こうし 狡猾こうかつ たけ