“中食”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ちゅうじき88.9%
ちうじき5.6%
ひる2.8%
ちゆうじき2.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
よほど困窮していたと見えて、初めての日の中食に、竹の皮へ包んできた握飯と梅干をつまんで食べたので侮ってしまったのだった。
岡町中食をして、三國から十三しにしかゝつたは、もうであつた。渡船つてゐるので、玄竹片脇つて、つてゐた。
死刑 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
「もうお中食だから、久しぶりで御膳を食べて……」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
中食はテストフ料理店つたが、でもミハイル、アウエリヤヌヰチは、頬鬚でながら、少時品書拈轉つて、料理店のやうに擧動愛食家風調子で。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)