死刑しけい
今日も千日前へ首が七つかゝつたさうな。… 昨日は十かゝつた。‥‥ 明日は幾つかゝるやろ。‥‥ こんな噂が、市中いツぱいに擴がつて、町々は火の消えたやうに靜かだ。 西町奉行荒尾但馬守は、高い土塀に圍まれ …
作品に特徴的な語句
覿面てきめん 韋駄天ゐだてん 下卑げび 金槌かなづち 近寄ちかよ 加減かげん 小倉こくら さか 冷汗ひやあせ ひろ 目貫めぬき 頓死とんし 些事さじ 半年はんとし 決心けつしん 町方まちかた 座敷ざしき 窮屈きうくつ かつ 催促さいそく まく 悔悟くわいご 片手かたて 身體からだ 御存ごぞん ひろ 見詰みつ はた もん おく 粗末そまつ 何遍なんべん だま 後姿うしろすがた 羽二重はぶたへ すみ 書付かきつけ 潔癖けつぺき いと 足音あしおと 叱咜した 座頭ざがしら 舌打したう 名高なだか 悵然ちやうぜん 不平ふへい 後戻あともど 此處ここ 泥棒どろぼう れい 脇腹わきばら こじり あつ 十日とをか 三日みつか 下刻げこく 出世しゆつせ 四日よつか 夜分やぶん 尻込しりご 樣子やうす 茶色ちやいろ 土橋どばし 坊主ばうず あらた 奉行ぶぎやう 野路のぢ 恐縮きようしゆく 紋付もんつ 近習きんじゆ 露店ろてん ふね 迷惑めいわく 氣持きも 門前もんぜん 黒羽二重くろはぶたへ はい 引受ひきう 役目やくめ 盃洗はいせん 議論ぎろん 報酬はうしう 味噌汁みそしる 大儀たいぎ 入口いりくち 平伏ひれふ 源氏げんじ 江戸えど 以來いらい 御沙汰ごさた かる 安全あんぜん 御用ごよう