死刑しけい
今日も千日前へ首が七つかゝつたさうな。… 昨日は十かゝつた。‥‥ 明日は幾つかゝるやろ。‥‥ こんな噂が、市中いツぱいに擴がつて、町々は火の消えたやうに靜かだ。 西町奉行荒尾但馬守は、高い土塀に圍まれた奉行役宅の一室で、腕組みをしながら、に …
作品に特徴的な語句
けふ がふ げん 莞爾くわんじ 微笑びせう ぱう はん かう おほい ちう ぢやう かう 家中かちう うへ かたはら 頂上ちやうじやう しう がへ おつ この 群衆ぐんしう あら 先方せんぱう にぎは おほ まへ さいは りやう 執行しつかう 此地こつち なくな かは はゝ 心持こゝろも みよし ぱく げつ 書物しよもつ をか こつな あひだ はう 翌朝よくてう あた しや ひゞき 鈴生すゞな たゞ たなそこ あづか かゝ 此方こつち うけたまは 武士さむらひ しよ 膿汁うみしる あるひ 遠方ゑんぱう 叱咜した あふ とほ こゝろよ そゝ 地方ぢかた いへ なほ 塔頭たつちう おこな 相識さうしき なは あは をんな ちひ はい おごそ 彫刻てうこく 下男げだん はじ 市中しちう 老人らうじん りう 效力かうりよく 山川やまがは