“艫”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
とも85.1%
10.3%
へさき2.9%
うしろ0.6%
みよし0.6%
0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一人はにいて網か綱のようなものを曳き、一人は舳から乗りだして湖の底をのぞきこみながら、右、左と船の方向を差図している。
肌色の月 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
其船頭悠然として、片手りはじめながら、片手白鷺一羽ひながらりて、まつたのである。
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
ただ一呑屏風倒れんずるじさに、剛気船子啊呀と驚き、の力を失うに、はくるりと波にれて、船はきぬ。
取舵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
舟といえば、この渡しの舟の形はおかしい、もない、ひきがえるを踏みつけたようなペッタリした舟だワイ、あちらの岸の舟もそうだ。
大菩薩峠:34 白雲の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
には、三十石船がゆつたりとんで、れた冬空日光を、からへいツぱいにけてゐた。
死刑 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
齊明天皇の御世に、百濟援助の目的で戰艦を造つたが、折角出來上ると間もなく「」といふ有樣で、實用に適せなかつたといふ(『日本書紀』卷廿六)。
大師の入唐 (旧字旧仮名) / 桑原隲蔵(著)