取舵とりかじ
「こりゃどうも厄介だねえ。」 観音丸の船員は累々しき盲翁の手を執りて、艀より本船に扶乗する時、かくは呟きぬ。 この「厄介」とともに送られたる五七人の乗客を載了りて、観音丸は徐々として進行せり。 時に九月二日午前七時、伏木港を発する観音丸は、 …
作品に特徴的な語句
わけ 邂逅でッくわ おおわ きづか 汚穢けがれもの はず とどま 万一まさか くらわ くぼ いい みあぐ 面貌おももち しょう しょう 一時ひときり かぎ あやし きわま 微笑えみ わず にぐ 衆人ひとびと とどま ひか いささか 一條ひとくさり つぶ 嗤笑せせらわら だっ いちじ 数多あまたたび 手馴てなら もうで 抽出ぬきいだ たけ 泥塗どろまぶれ 盲人めいし ただち およそ 叩頭ぬかづ そびら 暴風はやて ひど かかえ まず とも かたわら 微々ほそぼそ たたかい こころ あわれみ なだ 突出つきいだ 天色てんしょく そら とおく 便べん あまり まい 盲人めしい しる うまれ 形成かたちつく おく あわ 累々やつやつ 一時ひとしきり 舞下まいさぐ 自家おのれ ざい ちゃく おり 寂寞じゃくまく ただ かえりみ めしい ひか とまり 漕出こぎいだ 急遽いそいそ 女房かみさん 煮染にし おやじ もく いた 天色そら 異腹いふく 容喙まぜかえ 心地こころもち