“叩頭”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おじぎ38.5%
じぎ28.8%
こうとう28.8%
ぬかず1.9%
ぬかづ1.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
式台わきの横口にこう、ひょこりと出るなり、モオニングのひょろりとしたのが、とまずシルクハットを取って高慢に叩頭したのは……
怨霊借用 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
だが、山よ、出来得べくはなるけ育てて呉れ。翁はこどもを山の方に捧げ、ひょこひょこひょこと三つお叩頭をして、置いて帰った。
富士 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
しかも、それにもわらず、依然として此の生の歩みは辛い。私は私の歩み方の誤を認め、結果の前に惨めに厳粛に叩頭せねばならぬ。
光と風と夢 (新字新仮名) / 中島敦(著)
小声で朗詠を吟じながら、境内まで来た庄三郎は、静かに社殿の前へ行き、合掌して叩頭いたが
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
我は寺に往きて聖母の前に叩頭き、いかで我に己に克つ力を授け給はれと祈りて、さて頭を擧げしに、何ぞらむ聖母のは姫の面となりて我を悦ばせ又我を苦めむとは。