“漕出”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こぎだ80.0%
こぎい10.0%
こぎいだ10.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
聞けば、向う岸の、むら萩にの見える、船主の料理屋にはもう交渉済で、二人は慰みに、これから漕出そうとする処だった。
伯爵の釵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
巨勢はぬぎたる夏外套を少女にせて小舟に乗らせ、われは取りて漕出でぬ。雨は歇みたれど、天なほ曇りたるに、暮色は早く岸のあなたに来ぬ。
うたかたの記 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
きて本船と別るる時、乗客は再び観音丸と船長との万歳をえぬ。甲板に立てる船長はして、満面に微笑えつつ答礼せり。漕出したり。
取舵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)