“漕寄”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こぎよ75.0%
こぎよせ25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
矢よりも漕寄せた、同じを押して、より幼き他のと、親船に寝た以前の船頭、三体ともに船にり。
悪獣篇 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
遥かにその姿の浮いた折から、荒物屋のなんど、五七人乗った小舟を漕寄せたが、流れて来る材木がくるりと廻ってを突いたので、船は波に乗って退いた。
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
して漕寄見れば當時本店にて日の出の番頭吉兵衞なれば杢右衞門慇懃に是は/\番頭樣には御用にて御れしやと尋ければ吉兵衞御前方も兼て知らるゝ如く此吉兵衞は是迄精心
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)