“精心”の読み方と例文
読み方割合
せいしん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
商人はにありてのさめざる焼飯の大なるを二ツ食し、雪にして精心になり前にすゝんで雪をこぎけり。
して漕寄見れば當時本店にて日の出の番頭吉兵衞なれば杢右衞門慇懃に是は/\番頭樣には御用にて御れしやと尋ければ吉兵衞御前方も兼て知らるゝ如く此吉兵衞は是迄精心
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
商人はにありてのさめざる焼飯の大なるを二ツ食し、雪にして精心になり前にすゝんで雪をこぎけり。