“精進”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しょうじん70.9%
しやうじん13.9%
しょうじ3.8%
さうじ2.5%
しやうじ1.3%
せじみ1.3%
ショウジン1.3%
さうじみ1.3%
せいしん1.3%
サウジ1.3%
ショウジ1.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
肉体の苦しみを度外に置いて、物質上の不便を物とも思わず、勇猛精進の心をって、人道のために、鼎鑊らるるを面白く思う。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
墓参りもし、法事も済み、わざとの振舞は叔母が手料理の精進埒明けて、さて疲労が出た頃は、叔父も叔母も安心の胸を撫下した。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
恐らく富士山麓の宿屋としては、北の精進ホテル以外において、もっとも景勝の地を占めたものであろう。
不尽の高根 (新字新仮名) / 小島烏水(著)
ぞひとり齋居精進
白羊宮 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫薄田淳介(著)
あとから聞くと、その人が精進ホテルの支配人だとか持主だとかいふことであつた。山駕籠の婦人はその細君で、病氣のために東京とか甲府とかへつれて行くのだといふことであつた。
湖水めぐり (旧字旧仮名) / 野上豊一郎(著)
精進の最後週は來ぬ。外國人は多く羅馬に歸りひぬ。ポヽロ門よりもジヨワンニ門よりも、馬車相驅逐して進み入りぬ。
以来十春秋日夜転輾鞭影キミヲシ、九狂一拝精進御懸念一掃ノオ仕事シテラレルナラバ、オウ、ク、「アリガトウ」ト明朗粛然謝辞ノミ。
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)
ケダシ士君子万巻ヲ読破スルモマタラク廟堂ニ登リ山川海内名流ニ結ブベシ。然ル後気局見解自然ニ濶大ス、良友ノ琢磨ハ自然ニ精進ス。
小説作法 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
禅定・精進は、山籠りの物忌みで、成年授戒・神人資格享受の前提です。
翁の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
蔵王山の行者が、峰の精進をすましての第一の下立ちが、此高湯だとすれば、麓の解禁場ノ山に当るわけである。其ほど繁昌して居て、亦年久しい湯治場だろうのに、未に新開地らしい所がある。
山の湯雑記 (新字新仮名) / 折口信夫(著)