“魔”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
84.4%
エテ4.4%
もの4.4%
いっけん2.2%
おそは2.2%
まもの2.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
こく——亞尼アンニーかほ——微塵みじんくだけた白色檣燈はくしよくしようとう——あやしふね——双眼鏡さうがんきやうなどがかはる/\ゆめまぼろしと腦中のうちゆうにちらついてたが
「ま、やっと取返したが、縄を解いてはならんぞ。もう眼が血走っていて、すきがあるとけ出すじゃ。エテどのがそれしょびくでの。」
竜潭譚 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
それでものあつて誘かすやうに、其の柔な肉付に、つやのある頭髪かみに、むつちりしたちゝに、形の好い手足に心をき付けられた。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
どこへ消えましたやら、見えなくなったと申しますが、いずれな……いっけんがな。
わか紫 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
無理むりにおすゝめ申したは此忠兵衞ゆゑ夫がため御病氣ごびやうきおこらば大變たいへんなりとまづ取敢とりあへず長三郎の部屋へ至りて障子しやうじそとまで來りし時に中にてはおそはるゝやら寢言ねごとやらサアお出なさい有難うと判然はつきりいひしが其跡は何を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
あの中をまものが通っているのではないかと想った。
黒部川奥の山旅 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)