竜潭譚りゅうたんだん
躑躅か丘鎮守の社かくれあそびおう魔が時大沼五位鷺九ツ谺渡船ふるさと千呪陀羅尼 日は午なり。あらら木のたらたら坂に樹の蔭もなし。寺の門、植木屋の庭、花屋の店など、坂下を挟みて町の入口にはあたれど、のぼるに従いて、ただ畑ばかりとなれり。番小屋め …
作品に特徴的な語句
とじ 母様おふくろさま おもて かし おろ あれ みまわ ひやや むすび ゆき 説明ときあ はな やさし いだ うずく くい うも すき 大路おおみち つめ じゅ 彼方あなた さかり こう ことば ことな 先刻さき こうべ つくば うづま じゅ とど 莞爾にっこ たなそこ おし むす くう 真蒼まさお おもい やく えみ あやし くれない かむ えり おろか すさ うち いやし くびす おのこ 青白せいはく むこう あらわ せな 小舟おぶね 腹立はらだた 小波ささなみ ひそか 若僧じゃくそう くるし ぬり らん いた 遁出のがれい むすめ すくい 後見うしろみ 禿顱とくろ いたずら こわ かなし おぼ ぬぐ けん 行燈あんどう こぞ さしはさ かき がゆ ともしび いまし はた まが うたがい はや 空地くうち つき
題名が同じ作品
竜潭譚 (新字旧仮名)泉鏡花 (著)