竜潭譚りゅうたんだん
躑躅か丘 日は午なり。あらら木のたらたら坂に樹の蔭もなし。寺の門、植木屋の庭、花屋の店など、坂下を挟みて町の入口にはあたれど、のぼるに従ひて、ただ畑ばかりとなれり。番小屋めきたるもの小だかき処に見ゆ。谷には菜の花残りたり。路の右左、躑躅の花 …
作品に特徴的な語句
とじ 母様おふくろさま じよう おもて かし じゆ あこ おろ じゆ みまわ 何方いずかた 組合くみあ むすび 雑草ざつそう ひやや すき くい 莞爾につこ うも 説明ときあ 銀杏いちよう ちこ 引返ひつかえ はな 旧来もとき 大路おおみち やさし うずく いだ さかり 一斉いつせい つめ どじよう とん 若僧じやくそう こころ 差出さしい たなそこ おし むす こう ことば 引立ひつた 溝川みぞかわ こうべ 斑猫はんみよう あや 先刻さき つくば 円柱えんちゆう とど やわらか うち 遁出のがれい おろか らん むこう ぬり すくい 腹立はらだた 口惜くちお あやし 取着とりつ せな 取出とりい あきら おもい いやし 前様まえさま えみ げん ひそか たい くう 両袖りようそで 黄金おうごん 一挺いつちよう 一所いつしよ おのこ えり むすめ うずま こく 彼方あなた 小波ささなみ いた 会釈えしやく なに
題名が同じ作品
竜潭譚 (新字新仮名)泉鏡花 (著)