“旧来”のいろいろな読み方と例文
旧字:舊來
読み方割合
もと42.9%
きゅうれえ14.3%
としごろ14.3%
ながらく14.3%
もとき14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
見ると今までの藍丸王はいつの間にか見すぼらしい乞食の白髪小僧の姿に変ってって、緑色の房々した髪の毛も旧来の通り雪のように白くなっていた。
白髪小僧 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)
作右衞門どんも旧来の馴染ではアうか止めいと思うが、敵を討ちに行くてえのだから止められねえッて名残がってるでがんす
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
○さるほどに源教いほりにかへりて、朝日人をたのみて旧来しきじ村の紺屋七兵衛をまねき、昨夜かう/\の事ありしとお幽霊の㕝をこまかにり、お菊が亡魂今夜かならずきたるべし
重「えい、病気で居たのでございますが、旧来のお馴染で、お客様へ一寸御挨拶と云うのでったので」
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
心着けば旧来にはあらじと思ふ坂道のなるにわれはいつかおりかけゐたり。丘ひとつ越えたりけむ、戻るはまたさきとおなじのぼりになりぬ。
竜潭譚 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)