“旧友”のいろいろな読み方と例文
旧字:舊友
読み方割合
きういう50.0%
きゅうゆう50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さて旧友観励上人は(椎谷ざい田沢村浄土宗祐光寺)強学えあり、好事あるを以てかの橋柱の文字を双鈎刊刻して同好におくり且橋柱する吟詠をこひ
さて旧友観励上人は(椎谷ざい田沢村浄土宗祐光寺)強学えあり、好事あるを以てかの橋柱の文字を双鈎刊刻して同好におくり且橋柱する吟詠をこひ
ミハイル、アウエリヤヌイチは一人して元気よく、からまでき、旧友り、宿には数度らぬがあった
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
おそれげもなく、そばへかけよってきた忍剣の手になでられると、は、かれの肩にをすりつけて、あたかも、なつかしい旧友にでも会ったかのような表情をして、柔和であった。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)