“旧暦”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きゅうれき83.3%
きうれき16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
旧暦で正月をするのがこの近在の習慣なので、町はいつもに変わらずしんとして、赤い腰巻をした田舎娘も見えなかった。
田舎教師 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
旧暦八月十七日の、おらはのんで早くた。おおい、おおいとこうでんだ。きて小屋から出てみたら、お月さまはちょうどそらのてっぺんだ。
ざしき童子のはなし (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
長吉の時長命寺辺の上の木立から、他分旧暦七月の満月であらう、赤味を帯びた大きな月の昇りかけてるのを認めた。
すみだ川 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)