“他分”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
たぶん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“他分”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
長吉はその時長命寺辺ちょうめいじへんの堤の上の木立から、他分たぶん旧暦七月の満月であろう、赤味を帯びた大きな月の昇りかけているのを認めた。
すみだ川 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
長吉ちやうきちの時長命寺辺ちやうめいじへんつゝみの上の木立こだちから、他分たぶん旧暦きうれき七月の満月であらう、赤味あかみを帯びた大きな月の昇りかけてるのを認めた。
すみだ川 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)