“旧時”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
もと37.5%
むかし37.5%
きうじ12.5%
まえ12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それには、旧時直樹の家に出入した人の世話で、一軒二階建の家を見つけて来た。こんな話をした。
家:02 (下) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
松倉旧時の属官ばかりがんで居るだろう、罪人の方が余程エライ、オイ貴様はドウして居るのだと云うような調子で、私は側から見て可笑しかった。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
親子くは夫婦僅少手内職ぶもつらき細々を立てゝ世が世であらばの旧時の作者が一場のヤマとする所にひしも今時は小説演劇を
もゝはがき (新字旧仮名) / 斎藤緑雨(著)
差出すを、侍は手に取って見ましたが、旧時にはよくお侍様が刀をす時は、刀屋の店先で引抜いて見て入らっしゃいましたが、あれはいことで