“旧跡”のいろいろな読み方と例文
旧字:舊跡
読み方割合
きうせき40.0%
あと40.0%
きゅうせき20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
五年を勅免ありしかども、とて越後にいまししこと五年なり、に聖人の旧跡越地にれり。弘法廿五年御歳六十の時玉へり。
処は相州東鎌倉雪の下村……番地の家は、昔何某とかやいえりし大名旧跡なるを、今は赤城得三が住家とせり。
活人形 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
坂東第二番の巡拝所、名高い霊場でございますが、唯今ではとんとその旧跡とでも申すようになりました。
春昼 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)