“皈”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かえ39.1%
かへ26.1%
もど8.7%
かへり8.7%
かへる4.3%
かえん4.3%
かへら4.3%
かへれ4.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
杖笠を棄ててんだ順礼、しゃの姿に見せる、それとても行くともるともなく煢然として独りむばかりで、往来の人はどない。
遺稿:02 遺稿 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
りの遅きを母の親案じて尋ねに来てくれたをば時機に家へは戻つたれど、母も物いはず父親も無言に、れ一人私をばる物もなく
にごりえ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
階子段の下で、廊下をる、紫のコオトと、濃いお納戸にすれ違ったが、菊人形に、気も心も奪われて、をかけるもない。
菊あわせ (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
五年を勅免ありしかども、とて越後にいまししこと五年なり、に聖人の旧跡越地にれり。弘法廿五年御歳六十の時玉へり。
地気天に上騰て雨○雪○となれども、温気をうくれば水となる。水は地の全体なればの地になり。
「おなさい。どうでした団子坂は」
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
捨てんもければその所にいたり柴の枝に手をかけ引上んとするにすこしもず、落たるいれたるならん、さらばかたより引上んと匍匐して双手し一声かけて上んとしたる時
天陽降下り地にば天うせて地なる本形る、ゆゑに雪頽は千も万も圭角也。このなだれるはじめは角々くなる、これ陽火の日にてらさるゝゆゑ天のによる也。