“かへり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
55.8%
歸途11.6%
帰途7.0%
4.1%
4.1%
2.3%
帰路2.3%
帰宅1.7%
歸路1.7%
歸國1.2%
歸宅1.2%
1.2%
帰来0.6%
帰去0.6%
0.6%
帰省0.6%
歸來0.6%
歸省0.6%
歸邸0.6%
皈國0.6%
眷顧0.6%
0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
として今日はとばすのお路次口みつ家内きつさまはどうでもお留守らしく御相談することほどあるを
別れ霜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
にしろつたらしい。……舞臺歸途として、隧道すのは、芝居奈落るやうなものだ、いや、眞個奈落だつた。
魔法罎 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
僕が四年に君が三年だツたかな、学校の帰途に、そら、酒屋の林檎畑へ這入ツた事があツたらう。何でも七八人も居たツた様だ。………………
漂泊 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
「はい、昨夜那裏のお客様がおになるかと思つて、遅うまで待つてをりやしたで、今朝睡うござりやす」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
エリザは、さつきから、食堂のドアの陰で、息をひそめて、この光景を眺めてゐましたが、急に、自分の姿をみて、恥らふやうに、そこを立去りました。
けむり(ラヂオ物語) (新字旧仮名) / 岸田国士(著)
北八心得たるはすれども、さすがにどぎまぎしてはむとするらず、おかみさんにするよ。唯々。お邪魔でしたとさんはいものなり。
弥次行 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
敵方といふのは、年若な準教員——それ、丑松が蓮華寺へ明間を捜しに行つた時、帰路遭遇つた彼男と、それから文平と、斯う二人の組で、丑松に取つてはり難い相手であつた。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
あやにくなる旦那のお帰宅。一時の難は遁れても、遁れ難きはこの難儀。ああ何となる事やらと。思案に余る仲の間を、幾度かさし覗き。
したゆく水 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
これから歸路に二三軒廻つて、この歌を吹聽して來ようと思ひますから……。(振切つて行きかゝる。)
能因法師 (旧字旧仮名) / 岡本綺堂(著)
「で、お歸國にでもなりますか、貴女は?」
一家 (旧字旧仮名) / 若山牧水(著)
女子教育賛成といひがたきよりおにも學校がよひせたくなく、でもなき歸宅がけの一時間此家りては讀書算術ふやうにへてれば記憶もよくりも
経つくゑ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
五年を勅免ありしかども、とて越後にいまししこと五年なり、に聖人の旧跡越地にれり。弘法廿五年御歳六十の時玉へり。
「それぢやその新聞が違つてゐるのだよ。阿父さんは先之病院へ見舞にお出掛だから、間も無くお帰来だらう。まあ寛々しておな」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
「直道、阿父さんのお帰来だから、泣いてゐちや可けないよ、早く彼方へ行つて、……よ、今日は後生だから何も言はずに……」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
い、帰去には僕が一所に引張つて好い処へ連れて行つて遣るから。ねえ、間、おい、間と言ふのに」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
「ほう、もう、お帰去かな。もはや行かん成らんで、其所まで御一処に」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
〔譯〕自らみてきは、無きなり。千萬人と雖吾れ往かんは、物無きなり。
『ハ、何にも……然う/\、先刻静子さんがお出になつて、アノ、兄様もお帰省になつたから先生に遊びに被来て下さる様にツて。』
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
アンドレイ、エヒミチは歸來早々其住居ねねばならぬ。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
『ハ、何にも……然う/\、先刻靜子さんがお出でになつて、アノ、兄樣もお歸省になつたから先生に遊びに被來て下さる樣にツて。』
鳥影 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
りつきしまヽきてれず、姉樣ごとをたちて鎌倉なぞへおなさるぞ、れも一半月ならばけれど、お歸邸何時ともれずと衆人ひたり、どのしやるそれはにて
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
んと奇妙ではありませんか、これ紹介とでもふものでせう、妻子も、今夜弦月丸日本皈國ますので。
あゝ聖なる胸よ、汝に妻とおもはれんとの願ひ今なほ彼の姿にあらはる、されば汝彼の愛のために我等を眷顧み —八一
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
には、にも、そんななかつたんです。大勢人通りがありましたからかなかつたかもれません。病院彼方かどを、此方ると、其奴姿がぽつねんとしてツ。
艶書 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)