“弦月丸”の読み方と例文
読み方割合
げんげつまる100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あゝ、海賊船か、海賊船か、しもあの世界名高印度洋海賊船ならば、まれたる弦月丸運命最早是迄である。
んと奇妙ではありませんか、これ紹介とでもふものでせう、妻子も、今夜弦月丸日本皈國ますので。
けれど賓人よ、はよくじてります、今夜弦月丸とかで御出發になつては、奧樣も、日出雄樣も、して御無事ではみませんよ。