“印度洋”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
インドよう62.5%
インドやう25.0%
いんどやう12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
中島才太郎は第二明昭丸の漁撈長だった。を捕りに印度洋までゆき、満船になったので帰る途中、突風にやられて船は沈没した。
おごそかな渇き (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
天空には星影、二た三してく、秒一秒と、阿鼻叫喚せて、印度洋海底んでくのである。
時は欧洲大戦の半ばも煮え立つやうな暑い印度洋
怪艦ウルフ号 (新字旧仮名) / 宮原晃一郎(著)