“印度人”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
インデアン28.6%
インディアン28.6%
インドじん28.6%
いんどじん14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“印度人”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 伝説・民話[昔話]3.3%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
一七六九年版、バンクロフトの『ギヤナ博物論』二〇八頁にいう火蛇ファイア・スネークは、ギアナで最も有毒な蛇だが、好んで火に近づき火傍に眠る印度人インデアンを噛むと。
創国時はじめのアメリカ人が蛮民だ、人道の敵だと目の敵にして、滅して了ったアメリカ印度人インデアンは、其実、平和の土着民で白人こそ、侵略的で人道の敵だったのと同じことです。
越後獅子 (新字新仮名) / 羽志主水(著)
グァラニー印度人インディアン百名の人夫とともに、一行はいい加減へとへとになっていた。
人外魔境:05 水棲人 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
そこは奇獣珍虫が群をなしてみ、まだ、学者はおろか、“Mattacoマツタコ印度人インディアンでさえも、奥地へは往ったことがないというほどの場所だ。
人外魔境:05 水棲人 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
が、その世界的な群衆は、赤いタバアンをまきつけた印度人インドじんの巡査が相図をすると、ちゃんと馬車の路を譲ってくれる。
上海游記 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
「これは舶来の膏薬こうやくで、近来独逸ドイツの名医が発明したので、印度人インドじんなどの毒蛇にまれた時に用いると即効があるんだから、これさえ貼っておけば大丈夫だと云ってね」
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
もとより拓拔氏たくばつし印度人いんどじんやトルコじんではない。
国語尊重 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)