国語尊重こくごそんちょう
一國語は國民の神聖なる徽章 元來わが日本語は甚だ複雜なる歴史を有する。 大體に於てその大部分は太古より傳來せる日本固有の言語及び漢語をそのまゝ取り入れたもの、またはこれを日本化したもので、一部は西洋各國例へば英、佛、和、獨、西、葡等の諸國の …
作品に特徴的な語句
ぜう ぜう 日常にちぜう 倉皇さうこう いう 若干じやくかん せう 状態ぜうたい 同胞どうはう 京城けいぜう じん 如何いかゞ 追從つゐじう まへ どく 占領せんれう あひだ たと わが おこな みづか さう 塞外さくぐわい 理由りいう かへつ いにしへ 樺太かはふと 宮中きうちう めう 音便おんびん たがひ おん 交換かうくわん つう てん なに はい 奇怪きくわい ふつ 差支さしつかへ こゝろ ばん くるし 承知しやうち 翕然きうぜん 結合けつがふ 笑話せうわ しゆ 看過かんくわ をし あら 日々ひゞ 名稱めいせう おほむ 獨特どくとく 官吏くわんり 宮廷きうてい 寺内てらうち 尊重そんてう もつと 徽章きしやう いそが つか 文化ぶんくわ 文字もじ あたら にち 旺盛わうせい さら もつと 蹂躙じうりん 結果けつくわ 自由じいう 西せい 言語げんご はな つゝし そしり やく 露國ろこく てん ふう がほ とほ てつ とう もん