“状態”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ありさま38.8%
じやうたい16.3%
じょうたい16.3%
さま6.3%
じようたい5.0%
ざま3.8%
ぜうたい2.5%
たたずまい1.3%
よう1.3%
ようす1.3%
わけ1.3%
コンディション1.3%
シチュエイション1.3%
シチュエシオン1.3%
ステート1.3%
ナンバア1.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
たゞ我等に我等の國と状態をたづねき、このときうるはしき導者マントヴァ……といひかくれば、己ひとりを世とせし魂 七〇—七二
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
勘次菜種油のやうに櫟林しつゝ村落西端僻在して親子凝結したやうな状態つて落付るのである。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
その何回うした儀式んだかれませぬが、いつもいつも状態になるのでございまして、それは不思議でございます。
兄弟よ、諸〻の天使と、汝が居る處の純なる國とは、現在のごとき完き状態にて造られきといふをうれども 一三〇—一三二
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
紅葉しさは、植物そのものゝ種類と、その發生状態とでそれ/″\ひますが、一面には附近景色にも左右されるものです。
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)
んずるとか、にでも滿足してゐるとか、甚麼事にもかんとふやうになるのには、です、那云状態になつてはんければ。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
し、球台、キユウ、チヨウク、おの人建物じ、周圍状態經營者經營振——さうした條件がいい持にふのは困難な事なので
文壇球突物語 (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
風も吹かずそよぎもせず、外も内も森然とした状態! 響くものは悲しみの歌ばかり、咽び泣く銀の竪琴の音ばかり、ただ音ばかりでござりました。
レモンの花の咲く丘へ (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
それでも四五日何事もなく経過すると、やっと解放されたような気がしてほっと安心します。こんな状態ですから、先生、どうも放抛っておけないんです。
誰? (新字新仮名) / モーリス・ルヴェル(著)
あっしは暴れるのをやめてボンヤリと見惚れてしまいましたよ。向うの部屋の状態がアンマリ非道いんで、呆れ返ってしまったんです。
人間腸詰 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
そんな状態で、病人と介抱人が日本一の神様みたようになってグーグー眠ってしまいましたが、その中に大惣の声で……
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
「今日は南が吹いていますね。……湿気も温度もちょうどいい。珍らしく良い状態だ。よろしい、やりましょう! いらっしゃい!」
悪戯——とあたまへ来ると一拍子に、私は早くからこの状態に思い当っていた。が、子供の仕業にしてはすこし毒があるようだ。
手さぐりで入ってゆくと、途端になにかにつまずいて転倒した。スイッチをおして見ると、五十位の大男がやられている。……たちまち、僕の状態は非常に危険なものになった。……女装している。
金狼 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
然れども状態を観察するに先ちて、赤裸々の精神をざるべからず、認識せざるべからず、然かる後にその精神の活動を観察せざる可からず。
彼は手をみ首を曲げて習慣的に笑った。が、彼の頭脳は私たちの「状態」と所属級を把握し、一刻も早く待遇の等別を確立しようと忙がしく働いていた。
踊る地平線:09 Mrs.7 and Mr.23 (新字新仮名) / 谷譲次(著)