レモンの花の咲く丘へレモンのはなのさくおかへ
この Exotic の一巻を 三郎兄上に献ず、 兄上は小弟を愛し小弟 を是認し小弟を保護し たまう一人の人なり。 序に代うるの詩二編 孤独の楽調 三味線の音が秋の都会を流れて行く。 霧と瓦斯との青白き光が Mitily の邦の悲哀を思わせる …
作品に特徴的な語句
まどわ いら まえかた ころ ただしき なぞら しっ 戦慄おののい 性質おこころもち 後退うしろじさ さま 何処どこか はじら 彼奴やいつ 一層ひときわ だか 情人おもいびと おっき 状態たたずまい よこしま 紹介ひきあわせ 燈火ともし 沈黙サイレンス 標本しるし いたま 情無すげな 装飾かざ うし ちいさ 嘲笑あざわらい 水辺みずぎわ とま ふし さお 何者なにか 色彩いろあや たた 彼方むこう 幾日いくひ まじない 思慮おもわく しばし とむらい 悪性しょうわる ぎぬ 彼方あっち いと しん 贈物かずけもの 退さが いななき かか いつわり やつがれ 厳乎まじめ 露骨あらわ 此方こっち 以前まえ おのず 業々わざわざ 河添かわぞ はるか しばらく みだら 静寂しずけさ たわむれ へり 憧憬あこが 人生ひとのよ うれ しるし かむ 装飾よそお くれない 計画もくろみ ほまれ えみ はず 呪詛のろ ただ 口争くちあらそい 常時しじゅう やみ もと 平素いつも 明瞭はっきり おぼ ほうむ