“加減”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かげん97.7%
あんべい1.2%
さしひき1.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その汁でメリケン粉一杯をいためて赤葡萄酒加減でその中へ今のいためた鰻を入て塩胡椒で味をつけて一時間位のです。
食道楽:秋の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
「お加減が悪いって聞いたが、どうだい。もういいかな」
田舎教師 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
「二進が一進、二進が一進、二一天作の五一三六七八九。」と、饂飩の帳の伸縮みは、加減だけで済むものを、醤油に水を割算段。
歌行灯 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)