“状況”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
じょうきょう45.5%
ありさま18.2%
じやうきやう9.1%
じようきよう9.1%
ようす9.1%
コンデション9.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「こちらは、○○野戦放送局です。いま○○部隊が、○○へかって、進軍準備しいのであります。その状況をおききとりください。」
夜の進軍らっぱ (新字新仮名) / 小川未明(著)
かの逆巻く波に分け入りし宮が、息絶えて浮び出でたりし其処の景色に、似たりともだ似たる岸の布置状況乃至ふる水のも、透徹る底の岩面も、広さの程も、位置も、
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
地震直後から大正十三四までのに十以上つたこともあるけれども、平均してづ四乃至つてると状況である。
金解禁前後の経済事情 (旧字旧仮名) / 井上準之助(著)
地震當初から屋外にゐたも、周圍状況によつてはずしも安全であるとはいはれない。容易屋内からすことが出來ても、立退つて屋内よりも危險であるかもれない。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
うしたることもあるまいから、よくよくをつけて天狗界状況をさぐり、不審があったら遠慮なく天狗頭目ねてくがよいであろう……。
スキイヤアスは、重い靴底で、ホテルの前の雪を思い思いに踏み固めてみて、明日の「状況」を調べていた。地雪の粗さやねばり工合が彼らには何よりも気になるのだ。
踊る地平線:11 白い謝肉祭 (新字新仮名) / 谷譲次(著)